消毒や滅菌はどうなっているの?                桂歯科通信1月号

毎月お届けしております

「芝浦桂歯科通信1月号」←こちらをクリック

ができました。

 

日々治療で使用する器具の滅菌方法について、昨今の報道で気になっている方も多いと思います。今月の桂歯科通信では当院の滅菌方法についてご説明しています。

 

まず治療で使用するものは主に2つに分かれます。

①消毒、滅菌して使用するもの(例えばハンドピースなど)

②処分するもの(うがい用コップや紙エプロンなど)

 

特にハンドピースですが、当院では使用するごとに「全て交換滅菌」しております。

 

一般的には、一つのユニット(診療台)に2本ハンドピースが用意されています。当院では一つのユニットに複数本のハンドピースを準備用意しており昨年もさらに複数のハンドピースを追加設備しました。

 

また、それ以外の治療に使用するミラーやピンセットなどは、超音波洗浄を行った後一つづつパックに詰めて、高圧蒸気滅菌器で滅菌処理をしています。さらに、紙コップ、紙エプロンやグローブ(手袋)などは患者さまごとに全て新しい物に交換しておりますのでご安心ください。

 

芝浦桂歯科診療所