歯科技工士ってどんな仕事なの?                  桂歯科通信12月号

毎月お届けしております

「芝浦桂歯科通信12月号」←こちらをクリック

ができました。

 

歯医者さんで先ず思い浮かぶのは、治療を担当する「歯科医師」主に口腔ケアを担当する

「歯科衛生士」を連想します。

実はもう一つ歯科治療を行う上で欠かせない「歯科技工士」という職種があります。歯科

治療をする上で、治療はもちろん、歯科衛生士による口腔ケアも大切ですが、実は皆さんのお口の中に入っている差し歯や入れ歯は、歯科技工士が製作している事ご存知でしたか?

 

現在の日本の歯科医院では、虫歯の治療や、根の治療、歯周病の治療など診療室での処置が

中心ですが、差し歯や義歯の製作はとても大切で、これは歯科技工士なしでは無し得ない技術

になります。

歯科医院の多くは外部の技工所に製作を委託するのが一般的です。芝浦桂歯科診療所では院内に歯科技工所を設備してあり、「歯科技工士が複数常駐」しています。

当院で型取りをした物は院内で全て製作されており、外注に頼らず皆さんにお届けする体制を確保。作り手が分かり安心です。

また、製作の様子は院内から自由にご覧いただく事ができますし、技術的なご質問やお色味やカタチなどのご質問もすぐにお答えできます。

 

時々院内にもおりますのでお気軽にお声をかけてください。

 

芝浦桂歯科診療所