2017年09月

院内にCAD/CAM製作システムを導入しました                   桂歯科通信2017年9月号

毎月お届けしております

「芝浦桂歯科通信2107年9月号」←こちらをクリック

ができました。

今月号は歯科用のCAD/CAM製作システム導入のお知らせについて特集しています。

お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが院内の診察室に向かう通路に大きな窓が設置

されました。中の様子をみると見慣れない装置が並んでいます。

これは、歯科用ののCAD/CAMシステムで、従来の技工に比べ更に高品質な補綴物(セラミックなどの差し歯など)を製作出来る最先端の設備です。

簡単に説明しますと、模型をスキャンし、コンピュータ上で歯のカタチをデザインし、ジルコニアなどの審美的なセラミックを加工機で削り出す。

といった一連の作業を行う機器となります。

芝浦桂歯科診療所に設置されているCAD/CAMのシステムは従来からあった院内用の簡易的な物ではなくさまざまな装置が製作できるプロフェッショナルユースの製品で製作できる補綴物の種類が多いのが特徴です。

更に、先月から院内の施設基準を変更。多くの皆様にお届けするために、健康保険に適応するCAD/CAM冠(白い差し歯)の診療もスタートしています。

症例によっては適さない場合や各種条件がありますが、気軽にCAD/CAMの技術を体感いただけることになりましたことをご報告させていただきます。

今後も積極的に先進治療の導入に努めてまいります。


芝浦桂歯科診療所