消毒や滅菌はどうなっているの?                桂歯科通信1月号

毎月お届けしております

「芝浦桂歯科通信1月号」←こちらをクリック

ができました。

 

日々治療で使用する器具の滅菌方法について、昨今の報道で気になっている方も多いと思います。今月の桂歯科通信では当院の滅菌方法についてご説明しています。

 

まず治療で使用するものは主に2つに分かれます。

①消毒、滅菌して使用するもの(例えばハンドピースなど)

②処分するもの(うがい用コップや紙エプロンなど)

 

特にハンドピースですが、当院では使用するごとに「全て交換滅菌」しております。

 

一般的には、一つのユニット(診療台)に2本ハンドピースが用意されています。当院では一つのユニットに複数本のハンドピースを準備用意しており昨年もさらに複数のハンドピースを追加設備しました。

 

また、それ以外の治療に使用するミラーやピンセットなどは、超音波洗浄を行った後一つづつパックに詰めて、高圧蒸気滅菌器で滅菌処理をしています。さらに、紙コップ、紙エプロンやグローブ(手袋)などは患者さまごとに全て新しい物に交換しておりますのでご安心ください。

 

芝浦桂歯科診療所

新年のご挨拶

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

 

芝浦桂歯科診療所は昨年、院内にCADCAMセンターを設備し、更には差し歯等の製作の過程の「見える化」をはじめ、皆さんが今まで以上に安心して受診できる環境を整備してきました。

当院をご支持いただける患者さまをはじめ関係者さまには、スタッフ一同心より感謝申し上げます。

 

本年はかねてより準備しておりました「歯科外来診療環境体制」を整備し国に基準を満たした医療機関として受理されました。

これには、万一の緊急事態に必要なAEDや緊急時に要する薬剤、医療機器を備えたり、医科医療機関との円滑な連携体制を整えていることを意味します。

 

歯科診療所としての機能と共に、これまで以上に皆さまに安心して受診いただけるようとの思いからです。

 

2018年は皆さんにとってどんな年になるのでしょうか?

 

芝浦桂歯科診療所では、より「親切に」「シンプルで」「分かりやすく」をキーワードにお届けしてまいります。

 

本年は戌年(いぬどし)。

皆さまに「ワンダフル」で「オンリーワン」なクリニックを。

 

芝浦桂歯科診療所

 

年末年始の診療体制について                      本年は12月30日(土)まで診療いたします。

年末年始、下記の通り休診とさせていただきます。

平成29年12月31日(日)~平成30年1月8日(月)休診

 

※なお12月30日(土)は17時まで診療いたします。

また1月10日(水)は臨時に診療いたします。

ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い申し上げます。

 

芝浦桂歯科診療所

 

歯科技工士ってどんな仕事なの?                  桂歯科通信12月号

毎月お届けしております

「芝浦桂歯科通信12月号」←こちらをクリック

ができました。

 

歯医者さんで先ず思い浮かぶのは、治療を担当する「歯科医師」主に口腔ケアを担当する

「歯科衛生士」を連想します。

実はもう一つ歯科治療を行う上で欠かせない「歯科技工士」という職種があります。歯科

治療をする上で、治療はもちろん、歯科衛生士による口腔ケアも大切ですが、実は皆さんのお口の中に入っている差し歯や入れ歯は、歯科技工士が製作している事ご存知でしたか?

 

現在の日本の歯科医院では、虫歯の治療や、根の治療、歯周病の治療など診療室での処置が

中心ですが、差し歯や義歯の製作はとても大切で、これは歯科技工士なしでは無し得ない技術

になります。

歯科医院の多くは外部の技工所に製作を委託するのが一般的です。芝浦桂歯科診療所では院内に歯科技工所を設備してあり、「歯科技工士が複数常駐」しています。

当院で型取りをした物は院内で全て製作されており、外注に頼らず皆さんにお届けする体制を確保。作り手が分かり安心です。

また、製作の様子は院内から自由にご覧いただく事ができますし、技術的なご質問やお色味やカタチなどのご質問もすぐにお答えできます。

 

時々院内にもおりますのでお気軽にお声をかけてください。

 

芝浦桂歯科診療所

歯石取りって何で一回で終わらないの?                桂歯科通信11月号

毎月お届けしております

「芝浦桂歯科通信11月号」←こちらをクリック

ができました。

 

初めての患者さんから、「何で歯石取りって一回でおわらないんですか?」

と質問を受けることがあります。

「んー。。」

結論から言うと「終わらないことが多い」とお話ししています。

歯石取りは単なるお掃除ではなく、歯周病治療の一環だからです。

 

初期治療の流れを簡単に説明しますと・・・。

①まず歯周ポケットの深さを測定、現在の歯周病の程度を記録します。また初診の方では

レントゲン撮影をし今現在の歯を支える骨の状況をチェックします。

 

②現在の清掃状況(歯ブラシがきちんとできているか)をチェック。改善点を歯ブラシを用いてトレーニング。当院では自分できちんと磨ける様になるまで何回でもご指導しています。

 

③歯石の除去を行います。(ここではじめて歯石取りが出てきますね)

 

④再評価(再度歯周ポケットの深さを計測し、さらに治療が必要な場合はご説明します。)

 

⑤メンテナンス

一度綺麗にしておけば、それから先のお手入れがとても楽になります。

また、歯周病の治療をきちんとするということは、最終的に差し歯などを入れる場合、型取りも綺麗にできますし適合も抜群です。


ご不明な点はご来院の際にお尋ねください。

 

芝浦桂歯科診療所

1 2 >